ADHDな私がファーストフード店で働いてみた結果!

スポンサーリンク
体験談【仕事】

こんにちは!
空飛ぶウサギです。
ファーストフードで働いてたのは約1年程でした。
当時は発達障害と認識すらしてなかったですが、それでもいろいろやらかしてました。
ここではファーストフード店はでは、どんな業務があるかと、
働いた場合のメリットや注意点などを紹介していきます。

店舗概要

一階フロアがお客様の席となっている、結構広めの店舗でした。

仕事的には、キッチンとフロアに別れており、新人は基本的に女性ならフロア。
男性ならキッチンから始まります。

慣れれば、カウンターとキッチン両方こなせるように修行するのですが、私はそこまで至らなかったので今回はカウンターフロアのみのお仕事を紹介します。

仕事概要
  • レジ打ち(販売)
  • ドリンク作り
  • テイクアウトの袋詰め
  • 退転したお客様がいた席のお片付け
  • 無くなったドリンクの補充
  • 少なくなったサイドメニューのケーキなどの補充
  • フロアのペーパーティシュの補充
  • 店内でお召し上がられたお客様の食器類の洗い物

上記の内容となります。
基本的には、

①レジ打ち
②ドリンクを作る(注文があれば)
③ドリンクの袋詰め(テイクアウトの場合)
④キッチン担当が作ったハンバーガーなどを袋にさらに詰める(テイクアウトの場合)
⑤お客様に渡す

このような流れなんですが、ドリンク作ってる最中に、お客様が来てレジ打ちをしなきゃダメだったりするので、マルチタスク能力が必要となります。

よくやった失敗と注意点

●レジの打ちミス

流れでついやっちゃって、メニューを押し間違える事がよくありました。
レジが混み合うと、かなり焦ってしまうタイプだったので、急ごうとして逆に誤操作をしている事がよくありました。

改善策

とにかく落ち着いて、最後の確定ボタンを押す前に必ず復唱確認をお客様と確認するという基本の肯定を守る。

●お釣りを間違う・レジ締めで金額が合わない

とにかくこれも気をつけるしかないです

★改善策

今はお金を入れるだけで、自動でお釣りを出すレジが普及してるので、旧式のレジを使ってない店を選ぶのが良いです。

●食器類を割る

働いてたお店が、店内でお召し上がりの場合、グラスでドリンクを出してました。
つい持っていくときや、回収する時によく割ってました。

★改善策

気をつけるしかありません。
次にもし働くなら、店内でも割れる食器類を使ってないところを選ぶようにします。

●ドリンクのストローやシロップ等の付け忘れ

例えばアイスコーヒーには、フレッシュとシロップを付けますが、シロップではなく粉砂糖をつけたり、ストローを入れ忘れたりしていました。

お客様が店内で食べてる場合は、持って行けばいいですが、テイクアウトの場合は本当に悲惨でした。
店長が謝罪しながらストローを一本届けに行った事もありました。

★改善策
改善点としては、注文があった順に伝票を作業棚に張り付け並べていき、その順番通りに縦にドリンクを作って並べ、ドリンクリストが出来上がった順に袋詰めして並べていくのがベストです。

ただどれだけ善処しても、ストローを入れ忘れたりするのが改善出来ず、私は克服出来ませんでした。
最終的には、できるだけその業務に回らないよう立ち回り、他の人に再確認をお願いし、ミスを防ぐようにしていました。

働いてて楽しかった事やメリット

ペーパータオルを補充したり、洗い物をしたり、暇だったら棚周りの掃除などもしていました。
これはお店の状況にもよりますが、やる事がいっぱいあったので、一箇所に留まってるのが辛い多動性が強い発達障害にはやりがいがあります。
また、忙しい店だと常に動きまわっていても不自然じゃないですし、

逆に「やる気あるな」「頑張ってるな」と

好意的に捉えて貰えたりもするので、その点は良かったと思います。

まとめ 

結論で言うと、ADHDの不注意優位の発達障害には向いていません。

ただ、こんな方が向いてます。
下記のような事が当てはまるなら、やってみる、価値はあるかもしれません。

•臨機応変な作業ができる。あるいは、そこまで苦じゃない。

•視覚で物を覚えるのが得意
(レジのボタンを覚えるのに役立ちます)

•マイペースに動ける。
(私は焦るタイプでしたが、逆に丁寧に落ち着いて作業できるタイプの方が向いてます)

•新しい刺激がある
(メニューが季節毎に変わるのも飽きずにすみました)

•動き回るのが好き
(暇だとフロアのペーパータオルの補充とか、机を拭きに行ったりしていいので、
 気分転換に散歩が出来ます)

•臨機応変な作業ができる。あるいは、そこまで苦じゃない。

•視覚で物を覚えるのが得意
(レジのボタンを覚えるのに役立ちます)



•マイペースに動ける。
(私は焦るタイプでしたが、逆に丁寧に落ち着いて作業できるタイプの方が向いてます)

•新しい刺激がある
(メニューが季節毎に変わるのも飽きずにすみました)

•動き回るのが好き
(暇だとフロアのペーパータオルの補充とか、机を拭きに行ったりしていいので、
 気分転換に散歩が出来ます)


発達障害ランキング←参加してみました