発達カフェ&バー『金輝』

スポンサーリンク
体験談【人生】

こんにちは。空飛ぶウサギです。
今日は『発達障害バー金輝』さんをご紹介します。

一応お店に許可は頂いてますが、今回は特に金輝さんのお店の営業をしたいわけではありません。

ただ、私が発達障害を抱える仲間に会えた大切な場所の1つとして、皆さんにもお伝えしたいのです。

『発達障害カフェ&バー金輝』とは

一言で言うと、発達障害に悩む方々の集える場所です。

発達障害の当事者の方もグレーゾーンの方も、発達障害の方をご家族などの関係者の方も訪れます。

様々なイベントもしてますが、基本は普通のバーと変わりないです。

システムについて

【料金】1500円
チャージ代+ドリンク代サイドディッシュ(お菓子やケーキ等から選べる)

以外、お金はかかりません。
あとは追加で頼んだフードやドリンク代だけです。

えっ! 普通のバーと変わりないの?

特色として『悩める少女』カクテルや『自閉症』カクテルなど、オリジナルのノンアルコールカクテルも充実してます

あとバーってフードは適当な所が多いイメージでしたが、健康面を配慮したメニューもあって普通に美味しいです !

でも1人で行くの不安だなぁ

そうですよね。その気持ちわかります

実際に普通に人生を歩む中で仲の良い友人が、たまたま発達障害だったなんて事はほぼありません。
発達障害であることの方が稀です。

もし同類がいたとしても秘密にしていて誰にも打ち明けてないかもしれません。
あるいはその可能性を秘めていても、そのことを本人が気づいていなければ、共に金輝に行こうという流れにはならないでしょう。

だから金輝を訪れるお客さんのほぼ全員が、初めは1人で訪れることから始まってます。

でも初めての場所って緊張するなぁ…

そうですよね。私も初めはそうでした

私が初めて金輝を訪れたのは、発達障害と診断されて3ヶ月後の冬でした。
私自身は人見知りというわけではありませんが、今まで「バーで新しい友人を作りに行く」ということをした事がありませんでした。
バーとは友人と語り合う場所であり、出会いの場所ではなかったのです。

金輝は雑居ビルの4階にあります。
入り口は中の雰囲気がわからないただの黒い扉。
初めは手をかけるのにためらい、扉を開けるのに数分悩んだのを覚えています。

でも勇気を振り絞って中を覗けば、柔らかいオレンジの光に包まれた暖かい空間が広がってました。

当時の私は発達障害と診断されたばかりで、その生き方に悩んでいました。
私は発達障害のADHDです。
障害を受け入れる事は「自分がミスや遅刻をしても仕方ない」と諦めることのように感じ、発達障害であることに罪悪感すら感じていました。

その感情は理屈では解決出来ず、本やネットを読み漁り様々な人の生き方を学びましたが、それでも自分の中にある葛藤に折り合いをつけることができなかったのです。

だから実際にリアルな人の話を聞きたかったのです。

金輝に行って解決できたの?

はい! できました!!

1人でお店を訪れた私に、他のお客さんが話しかけてくれました。

「自分も同じADHDだよ」
「いろいろ苦労するよね」
「焦らないで。大丈夫、よくある事だよ」

そんな風に誰かと会話し、ADHDでの失敗談に共感してもらい、私は初めて許されたように感じました。
実は私はそれまでも、特に会社で失敗を繰り返していじめられてたわけではありません。
また発達障害であることを責められたこともありたせんでした。
ただそれでも、いえ…だからこそ!自分自身を戒めるべきだと枷を嵌めていたのです。

金輝に集まる方々に出会えたことは、私の中で救いでした。
それはネットや本の中では得られない掛け替えのないものでした。

自助会には行かなかったの?

そもそも自助会ってなんだよ!っと、これ以上、新しいことを受け入れられない状況だったので!笑

金輝では私がそうだったように、ほとんどの人が初めは1人で訪れてます。
そして初めて訪れる方は、自分から話しかけられず、不安に包まれてる方も多いのです。
それを察してか、常連さんの中にはわざわざ席を移動してまで、話しかけてくださる方も多いのです。
そして何度か通うようになると、顔見知りとなり、知人なり、いつの間にか友人と呼べる人までできました。

社会人になると、仕事以外でのコミュニティを築くことは非常に難しくなります。
金輝で出会った人達には、上下関係や利害関係も気にする必要はありません。
もちろん最低限のマナーは必要ですが、ADHDの特性上、衝動的に話してウッカリ失言してしまうこともあります。
ただ、それでも私と仲良くしてくれる掛け替えのない人達と出会えた、私にとっては奇跡の場所でもあります。

【私から見た金輝とは…】

「受け入れてくれる場所」「否定されない場所」です。
普段の生活では、遅刻や忘れ物•うっかりミスの多い私ですが、ここでは誰もその事を笑いません。
暖かく受け入れてくれるのです。

ちなみに何度か通うようになると、セクハラをするお客さんとも出会った事がありました。
だだそんな時は、金輝のマスターがさりげなく注意やフォローをしてくれました。
そしてそんなお客さんは注意され続けて居心地が悪いのか、いつの間にか来なくなりました。
女性が1人で行っても安心出来るバーだなと自信を持ってオススメできます。

さらには毎週木曜日、10分間無料で占いまでしてもらえます。
もちろんチャージなどの1500円はかかりますが、占い好きの私にはたまらない特典でした。

他にも土日には、イベンターと呼ばれる皆さんが「副業について考えるバー」や「恋愛について語るバー」など、様々なイベントを開催されてます。
主題に沿っていろいろな方の考え方や意見が聞けるので、狭くなりがちな自分の視野を広げる良い機会となっています。

最後に…

私にとって金輝とは、私が発達障害を受け入れることができた始まりの場所です。

私が初めて自分の発達障害を許せたキッカケの場所です。

2020年1月現在、ちょうど金輝に始めて足を向けてから1年が経ちました。

あの日よりこの場所で出会った人達は、今も私の掛け替えのない財産となっています。

個人の方が経営するバーは、マスターとなる方の人柄や滲み出す雰囲気により、集まる方が決まるものだと私は思います。

あの暖かい場所は、金輝のマスターの人柄によって作られた私の大切な場所です。

人によっては相性はあるかもしれません。
ただ一度、勇気の一歩を踏み出せば、あなたも掛け替えのない大切な友人と出会えるかもしれません。
独りで悩んでいた孤独から抜け出せるかもしれません。

もし金輝に行こうかどうか不安で悩んでいる方がいるなら、今一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

怖いのは始めの扉を開ける、あの瞬間だけです。

金輝 発達アートギャラリーカフェ・バー
発達障害の方が自由に自分を表現できるお店。自分の個性をPRしたい、仲間が欲しいをカフェ・バーで叶えませんか?


発達障害ランキング←参加してみました