京橋URAさんてどんなところ?

スポンサーリンク
店舗情報

こんにちは! 空飛ぶウサギです。

今回は京橋URAさんに取材をさせてもらったので、京橋URAさんについてご紹介します。

最近は、自助会「京橋ムーン」が開催されたりボードゲーム大会や女性の為の自助会など様々なイベントが開催されている京橋URAさんですが、実際にどんかところかな?って、お考えの方も多いはず。

京橋URAさんのHPを見ても、実際の場所とかも書かれてないし、初めて行こうと思うとなかなか方法がわからず、悩んでる方も多いと思います。

今回はそんな「京橋URAさんの謎」に迫っていきたいと思います。

イベントスペースなの? 喫茶店なの?

私が京橋URAさんのお話を聞いたのは、一年ほど前でした。

本当に噂程度のもので、京橋URAさんという場所があるらしい。発達障害関連のイベントとかなんかやってるらしい…という曖昧なものでした。

実際、今回お伺いさせて頂いたところ、京橋URAさんは『友達の家感覚で過ごせる憩いの場』でした。

えっ…だから結局なんなの?

いえいえ。ごまかしているわけではなく、本当にその通りなのです

というのも実際に京橋URAさんのマスターさんが、「喫茶店」や「イベントスペース」などと、ガッチリ業種を分類わけをしない方針でやってらっしゃるんです。

だから実際に金額についても相談できる方針ですし、何をする場所ってわけでもなく、逆に言えばどんな過ごし方をしてもいい場所になります。

なるほど…。金額についても相談できちゃうんだ

そうなんです!

例えば、年収1億円以上稼いでる方の千円と、手取り毎月10万円で家賃を払いながら、いろいろとやりくりしながら生活してる方の千円って全然価値が違いますよね。

京橋URAのマスターのよすださんは、そんな一人一人の感性を尊重してらっしゃるのだとか。

だからもちろん、3時間過ごして〇〇万円!なんて法外な値段を請求されるわけではありません。

逆に値段とかのだいたいの指針が欲しいって方であれば、マスターに相談すれば教えてくださいます。

京橋URAという場所

今回は特別にお写真まで、撮影させて頂けました。

京橋URAの予約方法

利用方法
https://twitter.com/greatful_pet?s=09

・ Twitterをやってらっしゃる方なら、京橋URAのマスターよすださん宛にDMを送る。

・ Twitterアカウントをお待ちでない方なら、HPからお問い合わせしてみてください。

場所に関しては、詳細などが書かれていないので初めは不安かと思いますが、大阪のJR京橋駅と地下鉄長堀鶴見緑地線の蒲生四丁目駅のちょうど間ぐらいのところにあります。

初めて利用する場合は、京橋URAのマスターよすださんが、わかりやすい場所を指定して下さり、待ち合わせ場所まで迎えに来て下さいます。

だから「方向音痴だけどな…」という人でも、とりあえず最寄り駅まで行ければ大丈夫です。

みんなどんな風に利用してるの?

本当に利用される方の過ごし方は様々です。

ご存知のように自助会「京橋ムーン」や「ボードゲーム自助会」で訪れる方もいますし。

それ以外では、Uber eatsの宅配バイトをしていて、その空き時間を過ごしていく方。

一人でご飯を食べるのも味気ないから、夕飯を持参して一緒に食べて行く方。

年末年始に一人でカウントダウンするのも寂しいと年越しイベントもやってましたし、そのまま泊まって行かれる方もいらっしゃいました。

本当に過ごし方は自由なんです。

もちろん利用する際は、マスターのよすださんか奥様のおゆりさんがいてくれるので、独りぼっちになることはありませんし。

最近ではボードゲームを持参したり、借りたりして一緒に遊ばれて行く方も多いみたいです。

もちろん持ち込みで飲食物を持って行ってもいいですし、奥様のおゆりさんがお菓子作りを趣味としていらっしゃるので、たまにその腕を振る舞ってくれるイベントなどもありますね。

そんな感じでマスターのよすださんや奥様のおゆりさんの人柄と、そこに集まってくる人たちとの繋がりで運営されていらっしゃるようでした。

喫煙される方も安心で、よすださんもお吸いになるので外に灰皿が置いてあります。

申し出れば、一緒に吸ってくれたりします。

マスターのよすださんってどんな感じの人?

発達障害関連のイベントも多いので、察していらっしゃる方もいるでしょうが、よすださん自身も発達障害をお待ちです。

両方の特性もあるようですが、どちらかというと自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の性質が強いように感じました。

その為か実直な優しい雰囲気のある方でした。

そもそも発達障害関連イベント、自助会「京橋ムーン」の開催もよすださん自身が、自助会会場にたどり着けず、

「なら、ここ(京橋URA)で開催して逆にみんなに来て貰えばいいんだ!」

という発想から、さかい発達友の会の代表石橋さんに相談され始まったとか。

発達あるあるですよね。

そんな柔軟な発想から自助会が開催され、最近では発達障害関連のイベントも増えてらっしゃるらしいです。

まとめ『京橋URA』とは…

私が感じた京橋URAとは『友達の家感覚で遊びにいける居心地の良い空間』といったところです。

今回も記事を書きたいから…とお話したところ、とても真剣に取材に応じてくださいました。

2020年1月現在、ブログを始めて間もない状況で、私自身がまだまだ勉強中のひよっこなので、真っ直ぐなその姿勢に逆に申し訳なく感じるほどでした。

私からのオススメの利用方法としては、他の人に聞かれたくない(飲食店などの不特定多数の人が出入りする場所)では、やりづらい秘密の女子会をやったり。

あるいはポケモンやモンハンなどの手持ちのゲーム機を各自もち入り、誰の視線も気にすることなく遊んだりするときに、便利だなと感じました。

また、ポケモンGOのスポットが3つも重なっている素敵スポットという情報もあります。

初めて行く場所に人見知りならず場所見知り(造語です笑)して緊張しちゃう人は、初めは主旨が決まっているボードゲーム自助会や、京橋ムーンに参加してみてもいいかもしれませんね。

独りの寂しい日々から解放される、あなたの新しい居場所が見つかるかもしれません。


発達障害ランキング←参加してみました