目標の立て方のワンポイントアドバイス

スポンサーリンク
発達ガイド

こんにちは! 空飛ぶウサギです。

人生において、様々な目標を立て達成していこうとする事はよくあると思います。

例えば…

就職したい!

毒親の心の呪縛から解放されたい!

恋人や親友が欲しい!

人によって様々で随所随所によっても異なっていいくと思います。

今回は人生で様々な目標を立てる際に、ワンポイントアドバイス!注意点をご紹介します。

目標は間違った目標を掲げてしまうと、あなたを失敗に導く呪詛にもなってしまうからです。

どっちが正解?!

例えば公共のトイレに清潔さを節度を持って使ってもらうなら、どちらのメッセージが適切だと思いますか?

結論から言うと、答えはA「トイレを綺麗に使ってください」の方が正解です。

どちらも同じ意味じゃない?

効果なんて一緒でしょ!

そう思うかもしれませんが、この二つには明確な違いがあります。

A「トイレを綺麗に使ってください」は、トイレを綺麗に使う問いう願いを達成する言い回しをしています。

B「トイレを汚さないでください」という、否定系の言い回しをしています。

そして人間の脳は「否定系」の言葉を聞くと、その場面を思い浮かべてから否定するという流れでしか処理できなくなっています。

その為、「汚さないでください」と伝えると、一度汚いトイレを想像してから「しないように言われている」と認識します。

その為「汚さないでください」という張り紙を見るたびに、「汚れているトイレ」の映像がリピートされていくので、次第にトイレのそのまま綺麗に使い続ける事ができず、汚れていってしまうのです。

まとめ

トイレの話ばかりしていますが、結論として目標を立てるなら、否定系の目標は立てず、「達成をイメージできる目標」を立てるようにしましょう。

否定形の目標を立てれば、思い浮かべるたびに自分の失敗を頭の中で何度もリピートさせる呪詛にもなりますし、

達成系の目標を立てれば、思い浮かべるたびに自分の成功を毎回リピートできるので、具体的に成功している自分をイメージを刷り込ませることができます。

発達ガイド
空飛ぶウサギをフォローする
スポンサーリンク
【発達障害】暗闇の抜け穴