空飛ぶウサギの人生

スポンサーリンク
体験談【人生】

私の人生の成り立ち

私はこのブログにて、発達障害が抱えている闇やその克服法、自分が経験した仕事や恋愛の体験談の記事を書いています。

読んでいると、どんな人が書ているのかなぁと、疑問に感じる事もあると思うので、

ここでは私がどういう人間なのか、私がどんな経験をしその結論にたどりついたのか、

その人生を書きたいと思います。

私の家族構成

家族は、父、母、2つ年上の姉の4人家族です。

父はアルコール依存症で暴力こそ振るいませんでしたが、仕事で嫌な事があると、お酒を大量にのみ、居間に響き渡る大きな声で愚痴を言い続ける人でした。

「うるさい」

と一言声をかけてしまえば、攻撃対象が自分に移り「おまえ何を言っとるんじゃ」という言葉から始まり、誰のおかげで生活が成り立ってるのかとか、私への罵詈雑言、人格否定する言葉や、「俺が死ねばいいと思ってるんやろ!」と被害妄想を何時間も怒鳴られ続けます。

その為、家の中では酒を飲んだ父親を無視することが暗黙のルールでした。

ちなみにお酒を飲んでいない朝等は、全く話さない寡黙な人です。

私の人生の中で、実家で暮らしていた時期に父とまともに話した記憶は全くなく、日常の挨拶はもちろん、普段の私の生活の話も父の仕事の話もしないし、褒められたり抱きしめられた経験もありません。むろん、一緒にどこかに出かける事もありません。

酒を飲んで一方的に父に怒鳴られ続ける事しか、話をしたことがほぼないのです。

その為、父は私が何を好きでどんな人生を歩んでいるか全く知らないでしょうし、私もまた父がどういう事を好み、何に嫌悪しどんな人間なのか全く知りません。

ただ、アルコール依存症で人に当たり散らす迷惑な父親です。

コメント